スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱大陸:大工棟梁 宮内寿和

2008-11-12 11:45

先日の情熱大陸で大工棟梁密着を放送するとCMで知り、主人と「これは見なきゃ!」

と話してました。

放送されたのは、滋賀県大津市に代々続く大工の家に生まれて、四代目の大工棟梁

宮内寿和さん41歳。

現在までに100軒以上の家を手がけてきた。宮内大工が建てるのは千年以上続く

日本古来の大工技術を継承した木造の家。

まず放送は、過去に日本で起こった地震で倒壊した家屋が映り、そんな中で倒壊しなかった

築100年の家屋を見せられた。

その日本家屋の建て方を研究し、弟子たちに伝える。

宮内氏の研究の仕方は、古い家屋の屋根裏へ入り築100年が可能な理由を見つけ出す。

古い家屋の屋根裏には、名もない大工が残した仕事がカッコイイと話す。

そんな宮内氏の建築の仕方は、継手と言われる組み合わせで木を組む。

釘を一切使わない。

道具はみな一級品で、よく切れるかは自分の腕の毛を剃るなどして確かめる。

おかげで毛深くなったとか^m^

宮内氏は言う。

「この世の中で、一番面白い仕事って大工ちゃうかなって思うですよ。

いつもそう思ってんねんけどな。」

二人の愛娘の名前は、【かんなちゃん】に【きりなちゃん】。

奥様は将来、サザエさん家のような平屋を建てたいと言うと、

宮内氏は・・・

「あんなん敷地が広すぎるわ!玄関入って電話があって右側にカツオとワカメの

部屋があって、左側にサザエさんとマスオさんの部屋があって、その奥にも

まだ部屋がある長い家で、庭も広いし・・・・」

サザエさん家の間取りを完璧に把握してました。

マンガの見るところが違うんですね。

私が嫁いだばかりで建築の事が全く分からない私に協力業者さんがアドバイスで

言われたことを思い出しました。

「日曜日になると子供がサザエさんや、ちびまるこちゃんを見てテレビを独り占めされたけど

マンガの建物や外壁など見てると面白いんですよ。だからそうゆう見方をして子どもと

一緒にテレビを見てました。そうゆう所から興味を持つようになるのも良いかもしれませんよ。」

って。

さすが職人さんだと思いました。

宮内氏の目標は築200年を可能にすること。

200年住宅。

そういえば、うちの社長も200年住宅の本を読んでいました。

社長が読み終わったら借りちゃお(^_-)-☆

最後に、宮内氏が言った言葉。

「儲からない仕事やけど、自分の生きてきた証としては儲けや。億万長者になった気分やね。」

かっこいいですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

燕市の大工さんの所へ嫁ぎました。

Author:燕市の大工さんの所へ嫁ぎました。
(有)イトウ工務店のブログへようこそ!
http://www.itou-koumuten.jp/

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。