スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大嶋啓介氏講演会 in 新潟

2010-03-31 11:17

大嶋啓介さんの講演会に行ってきました\(^o^)/

大嶋啓介さんとは、「有限会社 てっぺん」の社長です。

「てっぺん」とゆう、居酒屋を経営されてます。

今現在は新潟に店舗はないですが、近年には長岡に・・・なんて話もありました。

現在は、東京に4店舗、三重県に2店舗、韓国に1店舗と、どんどんと拡大中

の居酒屋さんの社長さんです。

講演会には、700人もの方が集まり、とても貴重なお話が聞けました。

講演の始まりには、潟東中学校と、田上中学校の野球部員の子たちから、

毎朝しているとゆう朝の朝礼を実際に見せて頂きました。

のっけから、その迫力にびっくり!!

恥ずかしがらず、とにかく大っきな声で、一人ひとりが「やるぞっ!!」って

気持ちをぶつける気合いの朝礼。

700人の前で、見事に堂々とした姿に感動しました。

そして、田上中って・・・私の母校!!

目ん玉飛び出そうでしたよ

こうして子供たちの凄さに感動するところから、大嶋氏の講演が始まりました。



講演内容は、「最高のチーム創り~どうすれば人が輝けるか~」

とにかく、どんな人でも皆、可能性をもってる。

自分の可能性に気づいてるか?

気づいている人は、人生がうまくいく。

可能性に気づくには、出会いが大切で、自分がなりたいような人のもとへ

出会いに行きなさい。とゆう事でした。


たとえ話にでた「ノミの話」。

ノミは1メートル飛びます。

そのノミを30センチの瓶に入れ、蓋をすると、1メートル飛ぶ勢いのまま

蓋に激突を続けるうちに、高さの限界に気づき、蓋に当たらない程度に飛ぶ。

そのうち、蓋をとっても、本来なら1メートル飛べるはずなのに

30センチまでしか飛ばなくなってしまった。

これを「心理的限界」という。

ここからです。

そのノミが前の様に1メートル飛べるようになる方法があるんです。

それは、もう一匹、ノミを瓶に入れ、1メートル飛べるとゆうことを

見せてあげるんです。

すると、自分も飛べる!!と思い、飛べるようになるんだそうです。



たとえ話その2。「カーネルサンダースの話」。

みなさんご存知のケンタッキーフライドチキンの創業者です。

今では、全世界に広まっているケンタッキー。

彼はなんと65歳で起業。

どうやってこれだけ広まったのか。その始まりは自らが

チキンとレシピを持って、レストラン1店舗1店舗、歩いて周り、

その数1009件。それでもそのチキンを共に広めようとしてくれる店舗はない。

1010件目にして、1店舗、OKがもらえて、今、世界中に広まっている。



この話を聞いたら可能性って、無限だなって思いますよね。

そして、その可能性は未来の力につながる。

心が変われば、行動が変わる。行動が変われば、人生が変わる。

自分を見つめなおす、とてもためになった講演会でした。

この講演会に出席できた出会いに感謝した日でした

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

燕市の大工さんの所へ嫁ぎました。

Author:燕市の大工さんの所へ嫁ぎました。
(有)イトウ工務店のブログへようこそ!
http://www.itou-koumuten.jp/

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。