スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西田先生の1分間の深イイ話

2008-12-04 10:59

先日の「1分間の深イイ話」に西田文郎先生が北京オリンピック金メダリストの

女子ソフトボール日本代表が、潜在能力を引き出すために 行っていた

メンタルトレーニングを1分間で紹介されました。

番組の一番最初に紹介されました。

紹介された内容は、

金メダルを獲得した女子ソフトボール日本代表。

そのメンタルトレーニングを担当したのが、西田文郎氏。

脳科学を応用して選手達の精神面を鍛えた。

そんな彼がオリンピックを前に、

彼女達の脳の潜在能力を発揮するため、ある所へ行かせた。

果たしてどこへ行かせたのか?



西田「お世話になった方々の所に挨拶に行って頂きました。

   人間の脳は人を信じ、人に感謝すると自分を信じられるように出来ています。

   大舞台で、人間は意外と自分を信じられないものなんです。

   周囲への感謝の気持ちを持つ事によって、

   自分を信じ、脳の潜在能力を引き出せるのです。」

ちなみに、エースの上野は高校時代に亡くなった恩師の墓参りをしたという。



感謝の心は力に変わる。

西田先生の講演会に出席した時に話しておられました。

自分がいて人がいるのではなく、人がいるから自分がいる。いられる。



もちろん、10人中10人、この1分間の話を「深イイ!」と判定してました。




そしてこんな深イイ話もありました。



【宮大工の棟梁が新人を採用する基準】

小川三夫さんは現在、宮大工の技術を伝えるため、弟子を雇い育てている。

そんな小川さんの元には年間100人以上の弟子入り希望の問い合わせがある。

その1人1人と面接する小川さんは、若者達の“あることを基準に”弟子入りさせるかどうか

決めるという。

その基準とは!?


小川「自分は不器用な子を採用します。」

小川「器用な子はすぐに理解が出来ますから、すぐに仕事が出来てしまう。

   時間が早いって事です。不器用な子は時間がかかりますよね。

   しかし、自分達の仕事は法隆寺のような千年もつようなものなんですから、

   時間がかかってもいいんです。

   下手は下手なりに一生懸命に仕事に向かう子。

   そういう子を採用したいと思いますね。」

器用な子は仕事を頭で覚え、不器用な子は仕事を体で覚えるという。

こちらは、9人が「深イイ!」  1人は「う~ん」 でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

燕市の大工さんの所へ嫁ぎました。

Author:燕市の大工さんの所へ嫁ぎました。
(有)イトウ工務店のブログへようこそ!
http://www.itou-koumuten.jp/

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。